スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽三昧

以前の記事にも書きましたが、今日MDRオーケストラのマーラー交響曲第二番「復活」の演奏会が午前中にありました。今週はその練習に通いました。
Wie schon im voherigen Eintrag geschrieben, war heute Vormittag das Konzert des MDR-Orchesters zur Aufführung der 2. Sinfonie von Mahler "Auferstehung". Deswegen habe ich diese Woche die Proben besucht.

金曜日の練習見学。お昼休憩中のゲヴァントハウス。
P1020069.jpg

リハーサルなのでホールの客は私一人。嬉しいような寂しいような(笑)
P1020056.jpg

演奏会の写真はもちろん撮れないので撮っていませんが、演奏自体はとてもいい演奏でした!
で、マーラーの2番は85分くらいかかる大曲。それにもかかわらず、今日は演奏会後に、街の人々とオーケストラの交流会のようなイベントがあって、演奏会が終わってメルクル氏の部屋を訪ねてもいらっしゃらないので、外へでてみると、すでにそのイベントは始まっていて彼もすでにそこにいました。
コンサートで演奏していたメンバーが、すぐに次の仕事。
P1020080.jpg

久しぶりの晴天の中このような金管の演奏でそのイベントは幕開け。
P1020081.jpg

すぐにメルクル氏もスピーチ。
P1020087.jpg

12時40分くらいに終わったマーラーのコンサートの後、13時から開始されたこのイベントは19時まで。さまざまな企画が用意されていました。
私は日本から来た友達と、その間、となりのオペラハウスに行って「魔笛」を鑑賞。また変わった演出で、いろんな意味で楽しめました。カーテンコールなどは写真を撮っても良かったのでしょうが、すっかり忘れていました。。。

そして、18時過ぎ、MDRのイベントへ戻ってきたら、一般の人が楽器を持ってきてメルクル氏の指導を受けて、本番をやるという企画が行われていました。メンデルスゾーンの真夏の世の夢より「結婚行進曲」練習風景。
P1020091.jpg
あとで、トランペット吹きの日本人の友達に、何で楽器もってきて吹かなかったの?なんて言われたり。(学生のころはトランペット科だったので。)彼はMDRで演奏していたこともあり、今日のイベントのほうでは混ざって演奏していました♪

結婚行進曲が本番として通して演奏されると、老若男女問わず、一般で参加した人たちは大喜び。それを見ている父兄や、友達も大喜びで、拍手喝采でした。


この企画で、すべての今日のイベントが終わり。
ですがマエストロは、その後もその一般の方々や子供たちのサインに喜んで答えます。
大変お疲れ様でした。
P1020099.jpg

このように、街とプロのオーケストラの団体が一体になって楽しむ企画は、大変すばらしいものですね♪
何しろ、子供や、一般の方々が本当に楽しそうで嬉しそうで!
でもマーラーの「復活」を演奏し終えた直後から。。。本当にメンバーの皆さんはよく頑張るんですね!
その後は日本からきた仲間とビールを一杯だけ飲んで帰宅。

現在に至ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です♪

ものすごく音楽漬けな日だったんですね♪
それから、音楽への愛がすごく伝わってきます!!!!
私も見習って、鎌ヶ谷にもっと音楽を広めたいです!!!!
そして、いつか立派なホールを鎌ヶ谷に!!!!!!

可能性のある街ですからね、大丈夫でしょう!
私も後から参加したいと思っています。
それまでは修行!♪

No title

らいぷつぃひー。懐かしいなあ。
修行、頑張って&楽しんでくださいまし。
Profile / プロフィール

Keisan624

Author:Keisan624

Links
Monthly archiv / 月別アーカイブ
New article / 最新記事
New comment / 最新コメント
最新トラックバック
Category / カテゴリ
Contact

Name:
Email:
Title:
Text:

Search / 検索フォーム
RSS link indicate / RSSリンク表示
QR code / QRコード
QR
Blog friend with Keigo / ブロとも申請フォーム

Do you want to be a Blog friend with Keigo? / この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。