スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥田 恵悟

プロフィール 奥田恵悟

photo(Keigo OKuda)


小学生時代は野球を中心としたスポーツ少年だったが、中学時より吹奏楽部に入り、音楽家を志すようになる。

2000年3月、東京音楽大学音楽学部器楽科(トランペット)卒業、2002年3月、東京音楽大学指揮研究生修了。指揮を広上淳一、汐澤安彦、三石精一の各氏に師事。

2000年にルーマニア、トルグムレッシュで開催されたコンダクターアカデミーに参加。講習後は代表者に選ばれ、修了コンサートにてトルグムレッシュ国立オーケストラを指揮する。

2003年、2004年と、イタリア、シエナのキジアーナ音楽院夏期講習会に参加。指揮をジャンルイージ・ジェルメッティ氏に師事し、オペラやシンフォニーなどを学ぶ。いずれの年も、ファイナルコンサートの指揮者に選ばれ高い評価を得る。 翌2005年にもシエナを訪れ音楽院にて研鑽を積んだ後、ローマ歌劇場で1ヶ月以上にわたる「フィガロの結婚」のリハーサルを聴講するなど、オペラの研鑽も積む。

コンクールの分野では、2003年11月に行われた東京国際音楽コンクール指揮部門にて入選。 2005年4月にはデンマークで開催された、ニコライ・マルコ指揮者コンクールにて3位に入賞している。

2007年から2011年8月までドイツ、ライプツィヒに在住。MDRオーケストラ(ドイツ中央放送オーケストラ)音楽監督の準・メルクル氏に師事、またアシスタントをしながら研鑽を積む。またその間の2008年から2010年までメンデルスゾーン音楽院で学び、ドイツ国家演奏家資格を取得。その際、授業の一環としてMDRオーケストラ、イエナフィルハーモニー、西ザクセンオーケストラなどを数回指揮するほか、音楽院のオペラプロジェクトにおいて、モーツァルトの「魔笛」やプーランクの「ティレジアスの乳房」(ドイツ語版)を指揮している。

帰国後は大阪交響楽団を指揮するほか、2013年は山形交響楽団を数多く指揮。その後仙台フィルハーモニー管弦楽団で第九などを指揮する。また、藤原歌劇団をはじめ数々のオペラプロジェクトの副指揮者を務めるなど、オペラの分野での活動も積極的に行っている。

その他これまでに、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、オーデンセ・シンフォニーオーケストラ(デンマーク)などを指揮している。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Profile / プロフィール

Keisan624

Author:Keisan624

Links
Monthly archiv / 月別アーカイブ
New article / 最新記事
New comment / 最新コメント
最新トラックバック
Category / カテゴリ
Contact

Name:
Email:
Title:
Text:

Search / 検索フォーム
RSS link indicate / RSSリンク表示
QR code / QRコード
QR
Blog friend with Keigo / ブロとも申請フォーム

Do you want to be a Blog friend with Keigo? / この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。