スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の音

普段こういうことはあまり書かないんですが。。(^_^;)

先日指揮した演奏会で、でてきた音が作品の「音」だけではなく作品の音でありながら「人(奏者)の音」と実感し、その瞬間かなり違った世界が見えた時間があった。理屈ではもちろん当たり前のことであるが、あの感じは何かが違った。今更ではあるが、この感覚を伸ばして行きたい。全部が「人の音」なのだから。

情けないことだが、この歳になってほんの少しずつ人を好きになることを覚えてきた。逆に言えば、調子が悪くて自分が助からないと気が済まないほどの時に、そうなれないことを本気で悔しいと思うようになった。

もちろん、子供の頃からずっと、好きな人は好きだったが、そういうことではない。

周りの優しい仲間に接しているうちに、彼らに感謝するようになり、その優しさに応えていない自分は恥ずかしいし悔しい。

わかっていても、天候などちょっとしたことで精神的にかなり落ちやすい私は、すぐに自分の助けを求めずにはいられなくなり、人のことを考える余裕がなくなりさらに悔い思いをする。そういう時は息抜きは欠かせないが、悪い甘えと良い甘えをしっかり区別しないと。

おおらかな人柄は人を集める。少しずつ改革したい。いくら改革を意識したって、もって生まれた元々の部分はなくならないわけだから。これからより一層、少しずつもっともっと人の心を感じ、その分自分に余裕がもっとでてくるようにしたい。当然それができなければ指揮者として、また音楽にさえも余裕がなくなる。

このようなことは、事あるたびに思わされ、常日頃から意識していることでもあるのですが、今回また新しい仲間に出会い、改めて感じることができました。

そう感じさせてくれた人たちに感謝。

「人の音」つまりは「人」
聴こえ方が全く違う。
常にこれを聴きながら指揮しなくてはいけないし、できたら幸せだろうと思いました。

頑張ります!


※後日付け足し↓

それでいて、自分から音楽を発信させる。決してただの受け身にはなってはならない!
スポンサーサイト
Profile / プロフィール

Keisan624

Author:Keisan624

Links
Monthly archiv / 月別アーカイブ
New article / 最新記事
New comment / 最新コメント
最新トラックバック
Category / カテゴリ
Contact

Name:
Email:
Title:
Text:

Search / 検索フォーム
RSS link indicate / RSSリンク表示
QR code / QRコード
QR
Blog friend with Keigo / ブロとも申請フォーム

Do you want to be a Blog friend with Keigo? / この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。